iPhoneをデュアルシム化できました – 1

IT

S社で既存契約しているiPhone11ProをeSIMとNano-SIMの組み合わせの設定でデュアルシムで使えるようになりました。

2台持ちは避けたい

転職して個人携帯とは別に会社から新たにiPhoneを貸与されました。

先月末まで勤めていた会社では個人で契約していた回線をそのまま業務用途にも使い、費用は会社持ちでした。

番号1つなのですが、基本着電は会社用途だけなので気になっていませんでした。

プライベートはこちらから発信するかLINEなので、電話番号はどうでもよかったのです。

ところが今後の会社は会社携帯でiPhoneを端末ごと持たされることになり、そのままだと2台持つことになります。

持ち物を少なくしたい自分としては、まぁ面倒です。

1台にまとめられない?

ということで会社携帯のSIMを抜いて、個人携帯端末に挿すことを考えました。

それで個人携帯の回線をキャンセルをすれば出費もなくなりいいのでは・・・?

でもそうすると個人携帯に紐付いているApple Watchが使えなくなるらしく、それはマズいです。

理想の状態は個人と会社の両方の回線を1台の端末で運用することになりました。

香港だとNano-SIMを2つ挿せる端末もあるニュースを見た気がしますが、改めて調べてみました。

どうやらiPhoneのモデルによってはeSIMの設定があり、それにより物理Nano-SIMに1つ空きが作れるようです。

S社に聞いてみる

Sショップに翌日予約をとり、eSIM設定への切り替えを依頼しました。

その日にSショップから電話で内容確認がありました。

内容とは既存契約端末で持ち込みの場合はeSIMへの切り替えができない、という話でした。

いろいろ背景を聞いた結果、S社のシステムの問題でどうやら現在は対応していない、ということのようです。

結局ダメ元で切り替えのトライをする、ということで落ち着きました。

Alla Fine

S社ではまだeSIM移行の準備が整ってないようですが、ダメ元で対応できるというのが実情のようです。

タイトルとURLをコピーしました