手が痛いのでハンドルを交換

Bici

スキッドを練習すると

荷重移動が必要なのでフロント側へ体重をかけることになります。

どうしてもハンドルを握っている手に体重を預けることになります。

自然と手に負荷がかかります。

ハンドルを強く握っていたためかだいぶよれてきました。

特に左側を強く握り込んでました

手に圧力がかかりすぎると

手のひらに長時間強い負荷がかかると感覚が鈍くなってきます。

そのまま負荷をかけ続けると疼痛を伴ってうまくグーパーできなくなってきます。

手根管症候群という症状なのですが、手の神経がダメージを受けている状態です。

過去に一度なったときは蛇口の水を触ると指が痺れました。

こうなってしまうと1-2週間ほど安静にする必要があります。

ドロップハンドルからブルホーンに変更

安静にしている間ハンドルを交換することにしました。

ドロップハンドルを見るとフラット部分のハンドル径が小さく、より手のひらを強く圧迫します。

スキッドのときにいつも同じ箇所を持っているのもよくなさそうです。

そこで以下のようなハンドルを探してブルホーンに行き着きました。

  • フラット部分の面積が大きいもの
  • スキッド時にフラット以外に持つところがあるもの
アマゾンで見つけたコレなんか安くて良さそうです

Alla Fine

ブルホーンに変えてとても楽になりました。

スキッドもやりやすくなり気に入っています。

本当はCinelli x MASHがほしいですが、もはや入手困難です
タイトルとURLをコピーしました