ミッドスキッドもできた

Bici

ロングスキッドができて、しばらくすると自然とできるようになりました。

ミッドスキッドとは

スキッドにはいくつか種類があるらしく、その中の1つがミッドスキッドだそうです。

調べてみると止まるためのスキッドあるようです。

たしかにロングスキッドは滑り続けるのでバイクを止めるためには不向きです。

ミッドスキッドの場合はリアは大きく滑らせることなく止まることになります。

斜めにリアタイヤをスライドさせることで更に止まりやすく調整できるようです。

ミッドスキッドのやり方

荷重移動を起こしてペダルを止める、というところはロングスキッドと同じようです。

違いは荷重移動を控えめにするので、その分にペダリングに力が必要になる感じです。

  • ハンドルに体がつくほど前には移動させない
  • 前足はストラップなどでペダルを引き上げ、後足はペダルを押し下げる

これがポイントのようです。

ミッドスキッドをやってみる

ロングスキッドと同じように動画などを見ながら練習してみましたが、うまくいきません。

ちょっと疲れたので休むことにしました。

ロングスキッドを久しぶりにしたのですが、疲れていて少し手抜きな形になりました。

するとミッドスキッドのような動きになりました。

ロングスキッドの荷重移動をある程度で止めるとミッドスキッドになるようです。

その後ロングスキッドを繰り返してミッドスキッドができるようになりました。

ロングスキッドでピッタリとハンドルにつけていた体を少しずつ離していくようにしました。

体が離れてくると膝が曲がっている分、足の動きに余裕が出てきます。

こうなるとリアがスライド中に足を使ってバイクを斜め動かせました。

Alla Fine

  • ロングスキッドで少しずつ体を離していく
  • 足に余裕ができたらスライド中にバイクを斜めに振る

ロングスキッドができるとこの手順でミッドスキッドに移行できます。

タイトルとURLをコピーしました