アルゼンチンへの道

Spainish

日本から一番遠い国

ここ何年かは年越しは海外で迎えることにしています。

その年はなんだか日本から遠くに行きたいと思い地球の反対側へ行くことにしました。

飛行機代は想像するだけでも恐ろしい金額になりそうです。

実際はスペイン往復のおよそ倍でした。

そして移動時間も倍の片道30時間でした。

日本からの直行便がなく、アメリカ経由で乗り継ぎがあり2便で30時間です。

途中ニューヨークで6時間休憩できるとはいえ、流石に疲れます。

とりあえずクリスマスからお休みをもらい成田へ向かいました。

アルゼンチンの季節は日本と反対

アルゼンチンは南半球に位置するので、季節は日本と反対になります。

クリスマスならアルゼンチンは夏なのです。

空港に着いたときはコートを着ていましたが、アルゼンチンについたら不要です。

飛行機で移動するだけならコートは不要です。

スーツケースにしまってチェックインしました。

ちょっと恥ずかしいですが、空調が聞いているのでそこまで寒くありません。

お酒を飲んで酔っ払ってしまえば、恥ずかしさも半減します。

まずは12時間かけてニューヨークまで移動しました。

トランジットで

次のフライトまで6時間あるのでゆっくりすることにしました。

ニューヨークまで来てもまだ道半ばです。

ここからブエノスアイレスに行くにはもう12時間飛ぶ必要があります。

さらにお酒を飲んで酔っ払う前に次のチケットを発行しにいきました。

発券機にパスポートを読ませるのですが、どうも発行できません。

受付カウンターに行くと「ここじゃないよ」と聞いてびっくりしました。

JFKは大きい空港だからと乗り継ぎも同じ空港とタカをくくっていました。

次のフライトには2時間ほどかけてニューアーク空港まで行く必要がありました。

真冬のニューヨーク

げんなりして電車の駅に向うとものすごい寒気に酔いが完全に醒めました。

日本より寒くマイナス4度と表示されています。

周りを見ても夏服は私だけです。

私のコートはスーツケースに入ってすでに次の空港へ人知れず輸送中です。

店も開いていないので服も買えず、半袖1枚で真冬のニューヨークを移動しました。

道中アメリカ人からはコートが変えないホームレスがいると注目を浴びる始末です。

日本を経つときよりはるかに恥ずかしい思いをしました。

恥ずかしさで体温が高くなったのは、寒かったのでちょうど良かったですが。

無事ニューアークにたどり着き、ブエノスアイレスでアルゼンチンに入国できました。

タイトルとURLをコピーしました